【女に効く名言】ファッション界のカリスマ ‘ カール・ラガーフェルド ‘

Rf) Harper’s Bazaar.com

7月14日(日)先週末の週末はフランスの独立記念日(Fête nationale française)。この日は朝からシャンゼリゼ通りでパレードがあり、夜にはエッフェル搭の前で壮大なコンサート、花火がありましたよ◎

 

もちろん中継されるので、ブランチをとりながらTVに釘付け!!

Rf) sportiraparis. com 

自他共に認める花火好きの私は、最後の花火のフィナーレが一番好き!夜の12時まで、花火の演出を待って寝る熱心ぶり(笑)

エッフェル塔が消えてしまうかと思うくらいの、壮大な花火の演出に感動!

Rf) sportiraparis. com 

 

ブラボー!! 

 

さて、

今週、日本から両親がくることもあって、来週のパリ観光に備えて準備をしています◎

パリのことを考えながら、思い出すのは 。。パリをこよなく愛した天才、

 

カール・ラガーフェルド

 

今日はパリに由縁の深い、ファッション界のカリスマ、カール・ラガーフェルドをご紹介!彼の伝説の軌跡と、ファッションや美に対する名言をご紹介しようと思います◎

 

 

ファッション界のレジェンド(伝説)となった男

今年の始め、パリで最も衝撃的だったニュースといえば間違いなく、カール・ラガーフェルドが亡くなったこと。日本でもニュースで取り上げられていましたが、本当にあっさりとしたニュースばかりで、個人的にはとってもショックだったな… 泣

 

インスタグラムやツイッターでは、世界中のモデル、著名人、セレブリティなど.. 彼を惜しむ声、追悼の声が、彼が亡くなってから1〜2ヶ月間以上も、世界中から投稿されていました。

 

なぜなら彼こそが、

 

半世紀にわたり、シャネル、フェンディ、自身の手がけるブランドで、アーティステック ディレクターを務め、各ブランドのデザイン、演出を手がけてきた偉人だから。

 

現代ファッションの礎を築いた

 

モードの帝王

 

と呼ばれた、その人だったから。

スケッチに埋もれるカール・ラガーフェルドのデスク。家には溢れんばかりの雑誌とスケッチがあったそう

Rf) Vogue.com 

 

エレガンス、女性の美をとことん追求し続け、

 

ファッションという魔法で、人々に夢を与え続けた伝説の人

 

こちらの写真の方が、有名かもしれませんね。シャネルやフェンディのショーの後で、必ず最後に登場していた白髪の紳士。それが

 

カール・ラガーフェルド

 

シャネル、フェンディ、自身の手がけるブランドで、アーティステック ディレクターとしてキャリアを終えたカール。85歳の逝去までデザインの指揮をとり続けた

Rf) Chanel

ドイツ人でありながら、フランス語、イタリア語、英語、数々の言葉を巧みに操り、その半生の殆どをパリで過ごし、ファッションに全てを捧げた伝説の人。

 

全てのコレクションは、カールが一枚一枚描いた、このデッサンから始まる

Rf) Vogue.co.jp

 

シャネル、フェンディ、クロエ..  不動の地位の仕掛け人

今では信じられないことですが、まだ知名度の低かったクロエを高級ブランドとして確立したのも、ココ・シャネルが亡くなった後、衰退しかけていたシャネルを救済したのも彼でした。今でもシャネルがブランドの不動の地位に経ち続けているのは、カールのマジックだと言われています。

 

天才とは、逆境を楽しめる人だったと感じるのがこの名言。

衰退していくシャネルからデザイナーの誘いを受けた時、人々は口をそろえて「やめたほうがいい。最悪だ。もう終わったブランドだ」といった。

今でこそ、古いブランドを再生していくのが当たり前だが、当時は誰もそんなことはやっていなくて、新しい名前や新しい世界が必要とされていた。
だからそれを聞いて、むしろ面白いじゃないかと思ったんだ。その状態も含めて、すべてが。だからみんなが「やめておけ。うまくいくはずがない」といったけれど、二度目に打診をされたとき、引き受けることにしたんだ。

 

逆境を、自分のキャリアに塗り替えた人。

 

私たちになじみの深い、フェンディのロゴを作ったのも、実は彼の天才技。毛皮のFurで有名なフェンディ。フェンディの有名なロゴは、

 

「ファー(Fur)をファン(Fun)にしたい」

 

という彼のアイディアから、彼が2分で書き上げたものだと言われています◎

二つのFが重なりあうように並ぶ、フェンディのロゴ

Rf) FENDI

 

天才は、普通を最も嫌った

私は平均的な美が嫌いだ。
変わっているところがなければ、美しくないから。

by Karl Lagerfeld

Rf) madame figaro. com 

 

平凡であるところに、美は宿らない。

 

なんだか、ドキッとするフレーズですよね。笑

 

’ 普通で平均的 ’  であることが、最もつまらないことだと考えていた彼にとって、平凡な美というのは存在しないも同然だったのかもしれません。

 

それを表すかのように、彼が発表し続けたスタイルには、常に過去にとらわれないスタイル、世界中を驚かせ、楽しませる、ファッションの真髄が感じられます。

例えば、彼がディレクターを務めあげたシャネルのショー。
毎回、そのステージ、ファッション、ヘア、シューズ、演出は、常に観客の予想を裏切り続けたものでした。

 

ある時はパリのグラン パレで、宇宙をテーマにコレクションを発表。ショーの最後に宇宙船を飛ばしてみたり!

 

私が中でも好きなのは、2016年のプレタポルテコレクション◎

ショーの会場が、一気に空港のロビーに?!
カールにかかれば、スーパーマーケットだってショーのテーマになってしまう!
会場のグラン パレに滝が?!服の世界観をここまで表す徹底ぶり
過去を繰り返さない、クリエイティブな発想で世の中を驚かせ続けた

上記写真 Rf) Chanel 

過去のCHANELのコレクション、FENDIのコレクション(=カールのデザイン)はYoutubeでも見ることができます◎

 

エレガンスとスタイルの名言

ココ・シャネルはファッションよりも素晴らしいもの、つまりスタイルを残した。

そして彼女自身が語ったように、スタイルとは古くならないもの。

by Karl Lagerfeld

 

1980年代の当時、古いと言われ始めたシャネルのコレクション。ココ・シャネルが生み出した永遠のスタイルだけを残しつつ、進化させてきたのが彼の功績だと言われています。

 

‘ 過去の賞賛にとらわれない ‘ 

 

‘ 自分のスタイルを確立しつつ、

それを常にアップデートしていく。’ 

 

私たちの日ごろのファッションにもヒントになりそうですよね◎

過去の栄光にすがるのは私の性分ではないし“古き良き時代”などない。現在より昔がいいなら窓から飛び降りればいい。

絶えず変化し続けて時代に順応しなければ。エレガンスの概念とは常に変わっていくものだ

 

by Karl Lagerfeld

 

20代前半から全くファッションが変わらない人、

過去の自分のイケていた時代から、全く変わらない人、

なんだか老けた印象を与えるのは、

時代が変わっているのに、その人だけが取り残されているから。

 

カールが生み出したシャネルは、シャネルのDNA(スタイル)を残しつつ、常に時代を感じさせる素材、デザインを大胆に取り入れ続けた

私の人生は、やり遂げたことを忘れ続けることでできている。

成功の理由は、

過去に価値を見出さず、常に新しいアイディアを生み出すこと。

 

by Karl Lagerfeld

 

これが本当の成功者、プロフェッショナル、そしてカリスマだと思わせる名言。

 

Rf)Chanel

彼が亡くなる前に残した最後の作品、最後となったコレクションでは歴代のミューズ、モデルたちが一堂にコレクションに登場しました。ショーで思わず涙を見せるモデルも。

 

これだけのオートクチュールのファッションを扱いながら、彼はファッションをこう語っています。

ファッションには現在や未来が含まれていることが必要。ドレスはいきている女性が着る物で、美術館に展示されるものではない。ファッションは商いであって芸術ではない。

by Karl Lagerfeld

 

ファッションについて。スウェットパンツは負けの象徴です。自分の生活をコントロールできていないからそれを買うのです。

by Karl Lagerfeld

 

時にはキレのある鋭い意見、時には毒舌?!どこかウィットに富んだ発言を繰り返したカール・ラガーフェルド。

でも、その発言には一貫して

 

ファッションとは進化し続け、前を向き続けるもの。

 

だという彼の信念が伝わってきます。

 

好きだな、こういう考え方 ^ ^

 

来週訪れるパリでは、カールが心から愛していたパリの街、シャネルのショーを繰り広げてきた、パリの ‘グラン パレ’ のお写真も撮ってお見せできればと思います〜!

 

自分に本当に似合うファッションが知りたい!お仕事に相応しいプロフェッショナルなイメージを作りたい!自分のイメージをガラりと変えたい方、お気軽にご相談くださいませ◎

 

◆お客様の変身事例はこちら (更新してます)

 

名古屋  9月〜のご予約受付中です

東京Week  9月〜のご予約受付中です◎

7月上旬〜9月上旬まではヨーロッパ滞在、その後日本に帰国します。ご予約はヨーロッパ滞在期間中も好評受付中!

 

ポチッと応援お願いします◎


パーソナルスタイリストランキング

関連記事

  1. 自分を格上げする腕時計、選ぶコツは

  2. ヨーロッパ 海外のビーチで思わず振り返る!ファッションのコツ…

  3. 【パリ滞在記】ガリエラ美術館・モード&コスチューム博物館へ(…

  4. 海外でのファッション、ここが変だよ日本人

  5. オシャレはお金だけでは買えない時代

  6. フランス人から学ぶ、お買い物の真髄

  1. 2024.04.04

    【パリ滞在記】ガリエラ美術館・モード&コスチューム博物館…

  2. 2024.03.27

    【パリ滞在記】ガリエラ美術館・モード&コスチューム博物館…

  3. 2023.09.08

    自分の人生に100%集中するために

  4. 2023.01.01

    【大事なお知らせ】拠点をヨーロッパへ移しました

  5. 2020.09.08

    【満席御礼】JR名古屋タカシマヤ様 イベント満席になりま…

  1. 2019.08.10

    【お客様の声】子育て中の服選びのストレスが激減、毎朝が楽…

  2. 2019.08.06

    【お客様の声】出産後の、オシャレ迷子をなんとかしたい!

  3. 2019.07.04

    失敗しない!夏のサングラス、小物の選び方 (セミナーレ…

  4. 2019.07.03

    夏の海外旅行、イベントで一目置かれるファッションのコツ …

  5. 2019.06.24

    大盛況にて終了!6月22日 ファッション×インテリアセミ…